2023マイタケ狩り(2回目)-初めて熊を見かけた日

アウトドア

こんにちは、モルケッタです。

マイタケ狩り2日目にチャレンジしてきました。

 

本日は思い切ってスポットを変えて、新規開拓に挑みました。

その結果や如何に。

行けども行けども、出会うのはドクツルタケ(猛毒)ばかり。今年はドクツルタケが異常に多い気がします。

猛毒ですが、見た目は白くて綺麗です。大型のものは暗い林の中で際立って美しいですね。

今日は天気が悪く、林の中が薄暗いです。小雨が降っていることもあり、余計にさみしい雰囲気に。

タマゴタケ(食)。本日初めての食菌に出会い、晴れやかな気持ちに。

こっちにもありました。

目の前で見るともっと美しいのですが、筆者が写真に撮ると、どうにもこの美しさを伝えられないのが残念(笑)

 

これはなんだ・・・?ナラタケっぽいけど、違う。

柄にツバがありません。やはりナラタケではないですね。不明種です。

 

あきらめずに林をゆっくり歩いていると、前方からガサガサ音がすることに気づきました。

何かが葉に当たる音です。

 

歩みを止めて、目と耳を凝らします。

この時期、どんぐりや枝が自然に落下して、落下中に木の葉に当たることで、ガサッと音を立てることはよくあります。

今回もそうだと思っていました。

 

でも、何か違う。ガサガサガサガサ・・・枝葉が擦れあうような、継続的な音がする。。。

と思った瞬間、30メートルくらいの先の木の上から、黒い大きな影がゆっくり降りてくるのが見えました。

 

「熊だ」と思うと同時に、夢中で駆け出していました。

距離もあったし、向こうはまだ木の上だったので、瞬時に「逃げ」の判断になりました。

20メートルくらい走りましたが、幸い追ってくる様子はありませんでした。

そもそも、向こうが気づいていたかも微妙なところですが、

熊鈴は常に鳴らしているので、クマが先に気づいて木の上から逃げるところだったのかもしれません。

 

初めて人生でクマと遭遇しました。。。距離があったせいか、恐怖心はあまりなかったです。

腰に常に『クマ除けスプレー』を携帯していたので心強かったというのもあります。

今回は距離が離れていたので、瞬時に逃げの判断になりましたが、もう少し距離が近かったらクマ除けスプレーを構えていたでしょう。

 

これで意気消沈・・・

・・・といかないのがきのこマニアの性(笑)

「場所を変えて続けよう」と思う自分はいったい(;´∀`)

我ながらキノコに対する執着心が凄い。。。

 

というわけで車をしばらく走らせて、また別の場所へ。

ここも完全に新規の場所でしたが、歩いてしばらくすると、

薄いピンク色の綺麗なキノコが目に入り・・・

マスタケ(食だが注意)だ!

この日初めての大物ゲットに胸が高鳴ります。

生え始めであり、幼菌に近いです。触ってみると柔らかく、これならOK。食べられます。

ありがたく、お持ち帰りさせていただきました。

 

その後もマイタケを探して森の中をさまよいましたが、残念ながらマイタケに出会うことはありませんでした。全体的に若くて細いミズナラが多かったせいでしょうか。

クマに出会ったこともあり、足取りがやや低調だったことも要因かもしれませんが(笑)

本日のキノコハントはこれにて終了。

 

夕食時、マスタケは天ぷらにしました。

左がマスタケ。

実はマスタケを食するのは2回目で、1回目は数年前。そのときは味噌漬けにしました。

味はあんまり覚えていませんが、覚えていないということは、さほどでもなかったんだと思います。

今回は”何でも美味しく仕上がる”ことに定評のある天ぷら(笑)だったので、期待していましたが・・・

 

うーん・・・あまり味がない。旨味がない?とでもいうんでしょうか。ほんのりと酸味も感じます。

そして食感。先端は柔らかすぎてフニャフニャ。シイタケの傘の縁側のようにフニャフニャ。噛み応えがないです。

かといって、根本のほうは繊維質が強くて、ボロボロの木材を食っているかのような食感。口当たりがよろしくない。

先端と根本の間は、まれに絶妙な食感に当たることもありましたが、総合的には微妙なキノコだと思いました。

たくさん揚げすぎたので、余ったものをマリネにしたのですが、まだマリネのほうがいいですね。調味液で旨味が足されます。ほんのりと感じる酸味は酢と相性が良いです。

とはいいつつ、マリネにしてもやはり食感の悪さが足を引っ張ります。

残念ながら、次からはもう採ることはないかなあ。収穫量は多いんだけどもなあ。

 

というわけで、今年度マイタケ狩り2回目は不発に終わりました。まだまだあきらめずに3回目!と行きたいところですが、長野も新潟も、ちょっと遠いのでどうなることやら。

というわけで、クマ除けスプレーをご紹介!やはり、あるのとないのとでは安心感が違いました。


↓きのこマニアのバイブル


 

タイトルとURLをコピーしました