【結果報告】東京ガスの『夏の節電キャンペーン2023』に参加してみて。

節約

こんにちわ、モルケッタです。

2023年の7月1日~9月30日まで実施された、東京ガスの『夏の節電キャンペーン2023』。

この節電キャンペーンの目的は、あくまで「電力需要の高まる時間帯において節電し、電力のひっ迫を軽減するため」でありますが、節電に成功するとポイントがもらえるのが魅力。

筆者も7月1日から参加させていただきました。

9月30日をもって、通算3か月のキャンペーン期間が終了しましたが、筆者は果たして何ポイント獲得することができたのでしょうか。

最終結果

最終結果はこうなりました。

合計獲得ポイントは、697.67ポイント です。

ほぼ、700ポイント(=700円)ですね。

 

内訳は以下の通りです。

 

節電ポイント:117.67ポイント

節電ボーナスポイント:100ポイント

節電行動(お出かけチャンス)ポイント:480ポイント

 証拠画像も貼っておきます。

 

 

 

結果の考察

節電チャレンジ開始から15日時点での予想(【開始2週間経過】東京ガスの『夏の節電キャンペーン2023』にチャレンジしてみた )では、800ポイントでした。

その後、節電行動(お出かけチャンス)をややサボってしまったこともあり、開始から2か月経過時点での予想(【途中経過】東京ガスの『夏の節電キャンペーン2023』にチャレンジ )は、682ポイントでした。

結果としては、700ポイント(=700円相当)ということで、ほぼ2か月経過時点での予想通りとなりました。

ところで、得られたのはこれだけではありません。

初回の記事(【開始2週間経過】東京ガスの『夏の節電キャンペーン2023』にチャレンジしてみた)でもお伝えしたとおり、東京都在住なら、キャンペーン期間中に、5日以上の節電を達成した場合は、好きな種類のポイントへ交換可能な1,000円相当の特典(デジタルギフト券)が付与されます。

(ちなみに、ここでいう”節電を達成した場合”というのは、当該日の節電対象時間中に、実際の使用量が目標量(=標準的な使用量)を少しでも下回る時間帯があればOKとなります。標準的な使用量を常に上回りさえしなければOKですから、達成するのは簡単。)

つまり、東京都在住なら、3か月頑張って1,700円をゲットできたことになります。

3か月頑張って、1700円というのは、どんなもんでしょう??

高いのか安いのか(笑)

 

賢い参加方法とは

筆者は、「節電と言えばエアコン」という考えでしたので、節電チャンス時間帯は、極力エアコンを切っていました。

これが辛かった・・・(;´∀`)

特にこの夏は記録的な猛暑でしたので、エアコンを切って30分~1時間ほどで我慢できないくらい暑くなりました。

正直、これで1700円は、「わりに合わん」とすら思いました。

この「エアコンを切る」という行動を3か月も頑張って、暑さに耐えに耐え抜いて、得られた節電ポイントは、たかだか117.67ポイントです。ボーナスポイント(100p)を入れても、220ポイントぐらい。

 

力を入れるポイントはここではない、と思いました。

力を入れるべきは、「節電行動(お出かけチャンス)ポイント」です。

 

節電行動ポイントによって、今回は480ポイントも得られていますから、ここに注力すべきです。

今回のキャンペーン期間中、節電チャンス開催日は『30日』ありました。

全て逃さずに、お出かけチャンスポイントをゲットできていれば、30日×20ポイント=600ポイントになっていたわけです。

 

つまり、賢い参加方法としては、『エアコンは設定温度を下げる』『要らない電気は消す』程度の、本当に無理のない範囲で節電して、お出かけチャンスは全て逃さずにモノにするというのが正解だと思います。

そもそも、東京ガスだって、「エアコンを消す」までの節電行動を求めていないのではないでしょうか。だからこそ、節電行動ポイントは微々たるものになっているのでは、なんて思います。

 

まとめ

2023年の7月1日~9月30日まで実施された、東京ガスの『夏の節電キャンペーン2023』。

筆者もまるっと3か月、参加させていただきました。

結果としては1700円相当をゲットしましたが、酷暑の夏にエアコンを切ってまで参加するのは、コスパが悪いと感じました。

賢い参加方法は、『エアコンは設定温度を下げる』『要らない電気は消す』程度の、無理のない範囲で節電して、お出かけチャンスは全て逃さずにモノにすること。

参加することによってお金が減ることはないので、筆者は次回も参加するでしょう。

その際は、賢い参加方法を意識して、頑張ろうと思います。

タイトルとURLをコピーしました