青じそに穂が出来始めた(ベランダ菜園)

ベランダ菜園

こんにちわ、モルケッタです。

ベランダ菜園の青じそは、その後順調に成長を続けています。

ハダニはあの日(【吉報】9月10日は青じそからハダニが消えた日。)の翌日に1匹だけ見つけたものの、以降は本当にタダの1匹も見かけず。

その影響か、青じその成長速度も速い気がするし、葉も大きくて元気な気がします。

 

そんな中、重要な変化がありました。

シソの先端の様子が・・・なんと・・・

『穂』ができているのです!

この先端部分は、いつもは葉ができてくる部分なのですが、「なんだか葉と様子が違うな」と思っていたら、あれよあれよと大きくなり、見た目にもハッキリとわかる『穂』になりました。

麦の穂のようにも見えるし、ビールのホップのようにも見えてかわいらしいです。

脇芽も、葉ではなく、穂になっています。

 

さて、穂が出てくると、どうなるのでしょうか?

調べてみると、

夏も終わり秋になると、シソに花芽がついてきます。~(中略)~花がつくと、大葉は硬くなってしまいます。大葉を長く収穫したい場合は、花芽はできるだけ小さいうちに摘み取ってしまいましょう。

引用元:農家が教えるシソの栽培方法 家庭菜園におすすめ! シソを食べ尽くすための育て方とは|マイナビ農業 (mynavi.jp)

花がつくと、大葉は固くなってしまうようなので、これにてシーズン終了のようです。

穂を摘んで、大葉を長く収穫する方法もあるようですが、なんとなく、自然の流れに任せたいなと思います。十分楽しませてもらったし、「お疲れ様!」ということで。

それにしても、5月ごろから始まり、約4か月、根詰まりやらハダニやらでトラブルの連続でしたが、トラブルがあったからこそ、楽しむことができたんだと思います。

ほっといても順調に育つ作物より、育て甲斐があったように思うんですよね。ちょっとダメな子のほうがかわいいとかいうじゃないですか?きっと、あの感覚ですね(*´ω`*)

来年は、

〇心を鬼にして、しっかり間引く(根詰まり対策)

〇毎日、葉にも水をかける(ハダニ対策)

〇1つのプランターに植えすぎない(根詰まり対策)

これをモットーに、やっていきたいと思います。


タイトルとURLをコピーしました